感動相続

文字サイズ大中小

ニュース

一覧ページに戻る

2018年賃上げ動向と中小企業の給与事情

2018年3月16日

 感動相続!サイト運営の英和コンサルティング/英和税理士法人のオリジナル制作による、他では手に入らない月刊誌、「ニュース・リリース2018年3月号」が掲載されました!

◆ メイン記事-2018年賃上げ動向と中小企業の給与事情
 森友文書の書き換え問題の陰で、例年になく盛り上がりに欠ける”2018年春闘”ですが、3月中旬に主要企業の一斉回答が出ました。安倍首相が要求していた3%の賃上げの行方も気になりますが、景気の先行き不透明な中、中小企業の交渉はこれから本番です。
 ● 今年の大手の春闘は?
  ・5年目の官製春闘!
  ・安倍首相「3%賃上げ」のかけ声
  ・春闘をリードする、自動車大手の回答は?
  ・賃上げ環境、実際の賃上げ見通し及び交渉結果の推移表
  ・賃金改善分が非公開なワケ!
  ・ベア前年超え回答が増加!
  ・賃上げ3%企業は2割?
  ・賃上げで消費への波及は?
 ● どうなる中小企業の賃上げ
  ・賃金改善、過去最高の56.5%
  ・賃金改定で何を重視した?
  ・賃金改定で最も重視した要素の推移グラフ
   ・働き方改革の波は中小にも!
  ・注目された裁量労働制は?
  ・残業代不要という誤解!?
   ・業務の見直しや外注化も必要!
 ● 自社の賃金水準チェック
  ・中小の統計データと比較
  ・上昇続く!新卒初任給水準
  ・中小企業の年齢別賃金一覧表
  http://www.43navi.com/news_letter/pdf/000382.pdf

◆ 4面:無期転換ルールがスタート!会社の体制を見直すチャンス
 2012年の労働契約法改正で、同じ会社との有期雇用契約が繰り返し更新され、通算5年を超えた場合、“無期転換申込権“が発生し、会社側は本人の申し出があると、無期労働契約への転換に応じる必要があります。
 対象者が増えるのが、通算起算日2013年4月から5年後となる、今年4月のため、“2018年問題”ともいわれます。
 ● そもそも無転換ルールとは?
 ● 無期転換を申し出できるのはこんな人!
 ● 無契約期間で対象外となるケース
 ● 会社のルールを見直すチャンス!
 ● 無期転換による労使双方のメリット
 ● 無期転換の例外は2パターン!
 ● キャリアアップ助成金の有効活用

  http://www.43navi.com/news_letter/pdf/000381.pdf
おすすめ記事
よく読まれている記事
PAGE TOP