感動相続

文字サイズ大中小

ニュース

一覧ページに戻る

2017年度税制改正で、暮らしや会社、相続などへの影響は?

2017年1月13日

 感動相続!サイト運営の英和コンサルティング/英和税理士法人のオリジナル制作による、他では手に入らない月刊誌、「ニュース・リリース1月号(新年号)」が掲載されました!

◆ メイン記事-税制改正大綱! 働き方改革につながるか?
 今年の税制改正大綱では、配偶者控除(年38万円)とタワーマンションばかりに注目が集まりましたが、法人向けの減税、事業承継対策に大きな影響を与える中小企業の自社株評価の見直しや相続税改正などもありますので、注意しておきましょう。

● 暮らしに直結の改正も
 ・”配偶者控除”廃止できず、改正へ
 ・高所得の夫は増税へ
 ・改正で働く妻は増えるか!?
 ・お手頃ビールへの期待!
 ・積立NISAが登場!
● 2017年度税制改正大綱のポイント
 ・暮らしへの影響は?
 ・会社への影響は?
 ・相続・事業承継への影響は?
 ・消費税の10%への引き上げ時期は?
● 法人税は減税継続
 ・投資減税はさらに充実
 ・2%の賃上げで22%の減税に
 ・わが社の株価は上がる?下がる?
● 富裕層の節税対策封じ
 ・海外脱出組にも相続税が・・・
 ・タワマン節税は大丈夫?
 ・広大地評価方法が明確化
 http://www.43navi.com/news_letter/pdf/000335.pdf

◆ 4面:相続税の課税割合が2倍へ-我が家の相続に備えよう!
 2015年中の亡くなった方129万人のうち、相続税の対象となった方は始めて10万人の大台を突破。課税割合は8%に!東京国税局での課税割合は12.7%と二桁へ。あなたも相続税とは無関係とはいえない時代です。
● 東京国税局の課税割合は12.7%!
● 国税局ごとの課税状況の推移
● 10件中8件で申告もれ!
● 富裕層の申告もれ海外資産47億円に!
● 無申告者は調査のターゲット!
● 恐るべし!税務署の情報収集力
 http://www.43navi.com/news_letter/pdf/000334.pdf
おすすめ記事
よく読まれている記事
PAGE TOP