感動相続

文字サイズ大中小

ニュース

一覧ページに戻る

誰もが避けて通れない「実家の相続」をどうする?

2016年9月9日

 感動相続!サイト運営の英和コンサルティング/英和税理士法人のオリジナル制作で、他では手に入らない月刊誌、「ニュース・リリース9月号」が掲載されました!

◆ メイン記事-誰もが避けて通れない「実家の相続」をどうする?
 「親が住んでいた実家を相続したら住みますか?」の質問で、”住まない”が59%で、”住む”は41%でした。相続しても住まず、どうするかの質問に対しては、”売却する”が66%に上り、”貸す”が17%、”わからない、放置する”も17%の状況です。一方、”住む”の回答も「退職後に住みたい」「実家がなくなるのは寂しいので住みたい」など希望的観測の”住む”のようで、実家を継いでも空き家が増える傾向には変わりなさそうです。
 こうしたこともあり、空き家問題の解決策の一つとしてつぎのような対策が講じられることになりました。
● 特定空き家   税金が5倍に!
● 空き家の売却  「譲渡所得の3,000万円控除」で所得税が軽減に!

 このほかに、「実家の相続はモメる」「分けられない財産の分け方」「共有名義はちょっと待った」「小規模宅地の特例が使えない?」「空き家の相続が危ない!」「空き家の実家は”負動産”?」などの記事が満載です。
 https://www.43navi.com/news_letter/pdf/000322.pdf

◆ 成年後見制度で”できること”と”できないこと”とは?
 親御さんが認知症などで判断能力がなくなったときの「成年後見制度」も少しずつ知れ渡ってきたようですが、●後見人の役目、●後見などをされたときの本人への影響、●後見人のできることの限界など、後見制度を使うときの留意しておくとよい点をまとめてあります。
 https://www.43navi.com/news_letter/pdf/000321.pdf
おすすめ記事
よく読まれている記事
PAGE TOP