感動相続

文字サイズ大中小

ニュース

一覧ページに戻る

マイナンバー時代の相続事情と相続対策(ニュース・リリース5月号)

2016年5月24日

 感動相続!サイト運営の英和コンサルティング/英和税理士法人がオリジナルで制作の、他では手に入らない月刊誌、「ニュース・リリース5月号」が掲載されています!

◆ メイン記事-マイナンバー時代の相続事情と相続対策
 今年1月にマイナンバー制度はスタートしました。この制度の導入は、相続や贈与にまで大きな影響を与えるため、今までの相続対策の見直しも必要になってきそうです。
 記事は、主につぎのように興味深くまとめられています。
● マイナンバーは導入されたが、カードは?受け取りは3ヵ月後?申告書への記載時期は?
● 納税者情報の一元管理につながり、個人財産もガラス張りになったうえ、預金などの名寄せや証券口座もマイナンバーで捕捉に。ちなみに、預金口座は2021年にはマイナンバーを義務適用します。
● これからの相続対策
 ・マイナンバーは、税務署がお金の動きを検索するパスワードに
 ・これまでの相続税対策はどうなる?
 ・争続調査の際には、こんなケースにご用心
 ・家庭用金庫がバカ売れのワケ?
 ・タンス預金は?
 ・海外送金は隠せるか?
 ・マイナンバー時代の相続対策!
 迷ったり、悩んだら、事務局にご相談ください。
 http://www.43navi.com/news_letter/pdf/000310.pdf

◆ 第4面-小規模事業者の実態は?-小規模企業白書(2016年版)
 小規模事業者は、高齢による廃業で2015年までの3年間で約9万件減少し、その大部分が個人事業主となっています。このままでは、個人商店、町工場などが消滅の危機に瀕することにもなりかねません。そこで、2016年版小規模企業白書からポイントになる点をまとめてみました。
 ● 高齢による廃業で事業主が激減
 ● 人が育てば売上げも育つ!?
 ● 人材育成に使える助成金
 ● 若い経営者で、売上げ増加傾向に
 ● 小規模事業の事業承継の傾向
 店舗の改装・リニューアル、既存商品、サービスの改良、情報発信の強化、経営管理の改善など新たな取り組みで、売上高が増加傾向にある結果が出ている小規模事業者も。努力次第で結果もついてくるということでしょうね。
 http://www.43navi.com/news_letter/pdf/000309.pdf
おすすめ記事
よく読まれている記事
PAGE TOP