感動相続

文字サイズ大中小

ニュース

一覧ページに戻る

相続税7千万円を脱税した「長野の小さな食堂」関連記事(週刊現代)に、英和税理士法人がコメント!

2015年11月27日

 週刊現代(2015年12月12日号)の”母が切り盛りして3億3千万円の蓄財!7千万円を脱税した「長野の小さな食堂」の事情”の記事に、英和税理士法人がコメントしました。

◆ 記事の概要
 長野県の旧中山道の木曽路の小さな食堂を経営する夫妻が、母親から3億3千万円の遺産を相続したがうち2億5千万円を隠し、7千万円の相続税を脱税して、関東信越国税局から長野地検に告発され、在宅起訴されたという話。
 どうやら相続人の夫妻や孫の名義預金を申告しなかった容疑であった模様で、いわゆる借名口座として遺産の申告漏れとなったようです。
 このところ贈与したつもりの”つもり贈与”が「借名口座」として、相続後の税務調査で否認されるケース(相続財産に取り込まれるケース)が多くなっています。こうした”つもり贈与”や”借名口座”について、コメントしています。

 具体的なコメントは、記事2枚目(P.64)上段と下段に掲載されています。下記URLをクリックしてご覧ください!
 http://www.43navi.com/web/upfiles/download.php?n=000654

 なお、”感動相続!”サイトに、参考となる記事が掲載されています。掲載時期が若干古いものの、記事そのものは「今も十分通用する内容」ですので、下記Urlをクリックの上、ご覧ください。
 https://www.43navi.com/column/detailhappy2.html?n=2286
おすすめ記事
よく読まれている記事
PAGE TOP