感動相続

文字サイズ大中小

マル秘!生保活用のすべて

医療保険も使い方次第-子どもに一生涯の医療保障を!

2013年10月16日

 富裕層の親御さんの財産減らし対策(=相続税節税対策)としても有効でありながら、可愛い子どもや孫などの一生涯の医療保障まで確保できるという、一石二鳥のノウハウです。
■ 解約返戻金がない医療保険の活用法-個人編
 医療保険といえば、一般的には生きている限り保険料を払い続ける代わりに、比較的安い保険料で生涯保障が買え、安心といったイメージがあります。ところが実際には、一生涯に払う保険料ともらえる可能性のある給付金とを比較すると本当にトクなのか、ソンなのかがよくわかりません。
 けがや病気で入院もせず、元気でピンピンコロリの方は給付金がもらえないという点ではご損でも、逆に病気がちで入院続きで、給付金がたくさんもらえても幸せともいえません。

医療保険は、自分が生きている間の生活保障、入院保障的な意味があり、入っておけば家族も安心といえるものです。
◆ 可愛い子どもの一生涯の保障
  を確保!
● 具体的なメリットはどんなもの?
 親御さんに比較的余裕がある不動産などをお持ちの資産家、オーナー経営者であれば、この対策は有効です。右の事例では、親御さんが長男(45歳)を被保険者として10年間保険料を支払う前提、終身医療保険に加入するというものです。対策実行で、つぎのような大きな効果が得られます。
★ 相続財産減らし効果                       ▲928万円(約98%減ものメリット)
          対策前の相続財産                    対策後の相続財産
  保険料10年分948万円(=支払わなければ、預金で保有) ⇒  なんと、20万円!
★ 給付金などの生涯保障メリット
 被保険者の子どもが病気などで入院しても、つぎのような給付金がもらえるため、子どもの生活面の安心も確保できます。
 ・入院給付金:1日当たり2万円。つまり、1ヵ月入院なら60万円にも。
 ・生活習慣病での入院給付金:同4万円。つまり、1ヵ月入院なら120万円に。
 ・ガンなどで放射線治療の際:1回に月20万円。
  これは、仮に1週間に1度の通院治療を前提とすると、10週間分(70日分)に相当します。この治療の給付
 金は、60日に一度受けられるため、いってみれば通院給付金がもらえるようなものに。
 ・先進医療給付金:通算3,000万円。
  陽子線、重粒子線治療などの先端医療は数百万円以上かかることも多く、その際の軍資金に。
 (医療保険はオーダーメイドで、生命保険会社、保障内容、年齢、性別により、保険料などは大きく異なります。ざっと、若いほど保険料は安いといえます。また、こうした医療保険は一部の会社が取り扱っています。)
● 親の相続税の節減効果で、保険料の実質負担は最大5割減に!
 解約返戻金が出ないタイプの医療保険のため、支払う保険料は親御さんの財産を減らすことに。(保険料の払込期間を経過すれば、解約返戻金は20万円。)
この結果、相続税の税負担軽減メリットは最大で累計保険料の50%(2015年以降は55%)も見込めます。(相続税の限界税率50%なら、464万円の節税に!)つまり、相続税の節税効果を考慮した後の実質的な保険料も、半額という軽い負担というワケです。
 「でも、500万円程度の節税では」と感じられた方、大きな間違いです。親御さんには、通常は子どもが2人以上、孫や子どもの結婚相手などまで入れたら8人以上おいでになります。8人分もこうした対策を行うには、かなりの資金もいるうえ、きわめて大きな相続対策効果も得られるのです。

◆ アレッ、給付金は親のモノでは?
 その通りです。この契約のままだと給付金の受取人は”親御さん”ということに。万一子どもが病気になった場合は、親御さんが家族の医療保険の給付金を受け取っても所得税はかからず、心配はいりません。また、受け取った給付金で子どもの入院費用を負担するのであれば、贈与税の心配もありません。
 でも子や孫なら親御さんより若いので、当面給付金が支給されるような事態になる確率は限りなく低いので、実際には気にされる必要はなさそうです。

◆ 子や孫が一生涯の医療保障を確保するノウハウ!

 といっても、「どうしても子どもが受け取れるようにしてやりたい!」という親御さんもおいでです。わずか20万円でこの医療保険を子どもに引き継ぐことができ、親御さんの想いを果たすノウハウがあるのです。
保険契約を引き継げれば、入院給付金などは子どもが直接受け取れ、もちろん、所得税がかからないため、マルマル手取額となり、家族の生活保障や入院費用に充てることができます。
* 誤った方法でやれば税務上のリスクも生じかねませんので、この対策の実行にあたっては、事務局にご相談ください。

  実際には、医療保険ひとつとっても、どこの保険会社でもただ加入すればよいワケでなく、目的に合った商品を選び、その後の対応まで探り、税務上のトラブルを招かないようにし、さらに、その後の維持管理をしてもらえることが大切です。
 
 感動相続!提携の代理店なら、これら一連の対策実行をサポートできます。また契約が存在する間は、一生あんしん管理の「ザ・生保.com」で、”契約内容をいつでも閲覧できるサービス(無料)”もご提供しています。それも、感動相続!の税理士ネットワークがバックアップするため。
 生命保険のご相談も、感動相続!事務局までお気軽にどうぞ。

※当記事は2013年10月現在の保険商品をもとに作成しています。

お問い合わせは
「英和コンサルティング株式会社/英和税理士法人」まで
無料相談受付中 相続のことならお任せ 03-3491-3811(代) 営業時間/9:00~17:30 定休日/土、日、祝日
メールフォームでのお問い合わせホームページはこちら
おすすめ記事
よく読まれている記事
PAGE TOP