感動相続

文字サイズ大中小

ニュース&トピックス

「米億万長者番付」に新旧世代交代の波が!

2016年10月12日

 長者番付で知られる米フォーブス誌は、このほど「2016年版米億万長者番付フォーブス400」を発表しました。なお、ここで用いた資産は「資産から負債を差し引いた純資産額」で、所有株式は9月16日現在の株価で試算しています。

フォーブス400入りした米長者をまとめると

◆ 400人の資産総額は約240兆円!!
 フォーブス誌によれば、ランク入りした400人の米国のマルチビリオネア(1,000億円長者)の資産総額はなんと2兆4,000億米㌦(約240兆円)にも上り、1人あたりでは平均60億㌦(6,000億円)だとか。規模の尺度として世界の各国のGDP(国内総生産)と比較すると、「資産総額2兆4,000億米㌦は、2015年のフランス名目GDP(国内総生産)にほぼ匹敵」する富の大きさで、「1人あたり平均60億㌦は、ヨーロッパのコソボ共和国の名目GDPに匹敵」します。
◆ 年齢層別の資産総額は
 400人の長者は、年齢層別には60~79歳の層が1兆3,000億㌦で、全体の54%と集中しています(下図中)。2割強を占めるのが40~59歳の層で5,130億㌦、さらに20~39歳が4,400億㌦、80歳以上が1,140億㌦と続いています。こうしてみると、年齢的には若いうちにがんばって資産を形成したように見受けられます。
◆ 400人の所属産業別の資産総額は
 400人を業種別に分類すると、トップは技術(テクノロジー)業界で5,910億㌦、2番手が金融・投資業界の4,910億㌦、かなり差をつけられてファッション・小売業界が2,580億㌦、メディア・エンターテインメント業界2,020億㌦、食品・飲料業界1,800億㌦などとなっています(下図右)。
 長者番付には必ずといってよいほど金融・投資業界の人間がたくさんランクインしていますが、米長者番付でもこの傾向は変わらないようです。

全米長者トップ10には大きな変動が

◆ 23年連続トップは、ビル・ゲイツ                    資産総額818億㌦
 マイクロソフト社の共同創業者のビル・ゲイツ(60歳)が、”資産総額818億㌦(8兆1,800億円)”で、23年連続全米長者トップの座に輝きました。同社を創業した同氏は、共同創業者のポール・アレンと共に、パソコンOS(ウィンドウズ)やオフィス(ワード、エクセル)などで市場を席巻し、今日の富の基礎を築きました。といっても、同氏所有の同社株は「資産総額の13%(100億ドル程度)」とみられ、他にも数多くの株式を大株主として所有しています。たとえば、カナディアン・ナショナル鉄道、ディア・アンド・カンパニー(トラクターメーカー)、オートネーション(カー・ディーラー)など。
 ビル・ゲイツは現在、妻と共に、個人では世界最大の慈善財団”ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団”を持ち、世界でもっとも気前のよい男として、世界の貧困、病気、教育などの問題解決のための社会貢献活動を行っています。
◆ 第2位に新興アマゾンドットコムのジェフ・ベゾスが!           資産総額723億㌦

 ネット販売で急成長を遂げたアマゾンドットコムの創業者、ジェフ・ベゾス(52歳)が、わずか1年で200億㌦(2兆円)も資産を増やして”723億㌦(7兆2,300億円)”で、2位の常連、ウォーレン・バフェット(86歳、資産647億㌦)を抜いて第2位に躍進しました。ちなみに、昨年は第4位。
 経歴もユニークで、「オンラインで本を販売」という単純なアイデアを実現させるため、1994年に利益をあげていたニューヨークのヘッジファンドを退職して、いまや消費者が必要とするほぼすべてのモノをネット販売するアマゾンを作り上げました。また、スタートレック・ファンの同氏は、出資するブルー・オリジン社が開発をする再利用可能なロケットでの”宇宙旅行”にも情熱を注いでいるとか。
◆ 第4位には、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグが躍進!       資産総額552億㌦
 フェイスブック共同創業者、マーク・ザッカーバーグ(32歳)が資産総額552億㌦(5兆5,200億円)前年の7位から第4位と大きくランクアップ!この躍進の原動力は、フェイスブック社株式の過去一年間での40%もの急上昇で、そのおかげで同氏の資産は152億㌦(1兆5,200億円)も増加し、過去最高位に駆け上がりました。
 その結果、8年連続で第4位の座を守ってきたオラクル社創業者、ラリー・エリソン(72歳、493億㌦)を5位へと追いやることになりました。

全米長者トップ20をみてみよう!

 ランク第6位以下は、元ニューヨーク市長で、ブルームバーグ創業者のマイケル・ブルームバーグが440億㌦(4兆4,000億円)、トップ10常連の兄弟経営者(コーク産業)のコーク兄弟が各429億㌦、そして、9位と10位にはグーグル共同創業者のラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンの2人が388億㌦と378億㌦でランクインしています。
 ランク外の23位には、アップル創業者、故スティーブ・ジョブズの奥様のローレンス・パウウェル・ジョブズとその家族がなんと177億㌦(1兆7,700億円)でつけています。彼女は、その財産を社会貢献のための活動に有意義に使ってくれており、故ジョブズも喜んでいるのでは。
 最後になりましたが、全米億万長者トップ20プラスアルファをご覧ください。

関連キーワード: 富裕層 | 社長 | 長者番付
お問い合わせは
「英和コンサルティング株式会社/英和税理士法人」まで
無料相談受付中 相続のことならお任せ 03-3491-3811(代) 営業時間/9:00~17:30 定休日/土、日、祝日
メールフォームでのお問い合わせホームページはこちら
おすすめ記事
よく読まれている記事
PAGE TOP