感動相続

文字サイズ大中小

ニュース&トピックス

自転車にもマナーが必要な時代に! 自転車運転ルールの強化で罰則も

2015年6月3日

 最近、自転車による事故が増え、何千万円もの高額な損害賠償判決もあり、運転ルールも少しずつ厳しくなってきました。ところが事故件数が一向に減らないため、ついに6月1日から運転ルールが厳格化され、取り締まりも強化されました。そこで、自転車を利用するなら必ず知っておきたい「自転車に関する道路交通法の改正」をご紹介しましょう。

ルール違反常習者に、講習制度が創設!

 2015年6月1日から自転車の危険行為を繰り返す人に、「自転車運転者講習の受講義務」が発生することになりました。
◆ 講習の対象となる”危険行為”とは?
 警視庁の公表資料によれば、14類型(下図)が危険行為とされています。

 わかりづらいですね。言い換えれば、”信号無視”、”遮断機の下りた踏切に侵入”、”飲酒運転”は自動車同様に自転車の危険行為にあたり、その他にもつぎのようなルールを守らなければ危険行為となります。
● 車道の左側(車と同じ)を原則走行
● 標識の遵守(一時停止や通行禁止など)
● いかなる場所でも歩行者優先
● 前後輪両方のブレーキが正常に働く自転車に乗ること
 特に、スマホ・携帯を使いながらの”ながら運転”や、傘や荷物を持った”片手運転”も、危険行為(14の安全運転義務違反)になるので、要注意です。

◆ 子どもも対象の講習の受講義務!?
 危険行為を”3年以内に2回以上”繰り返した場合に、各都道府県公安委員会から「自転車運転者講習」の受講命令が出されるとか。
● 講習の内容は?
 交通の危険を防止する目的で行われるもので、3時間の講習になるそうです。もちろん有料で、講習手数料は5,700円です。さぼって、指定期間内に受講しなければ「5万円以下の罰金」になるため、気をつけましょう。
● 大人も子どもも受講義務が
 14歳以上の者とされており、子どもも受講義務の対象になります。14歳といえば一人で自転車に乗って出かけることも多いはず。知らずに危険運転をしていたことにもなりかねず、親から運転ルールについてのアドバイスも重要になります。

万が一に備えて!

 自転車の危険行為での運転者講習もいやですが、万一、自分やご家族が加害者となってしまえば罰金どころではありません。個人賠償責任保険や自転車保険の加入を検討するなど、自動車同様に保障ができるよう準備をしておき、日頃から安全運転を心がけたいモノですね。 

関連キーワード: 裁判 | 家計 | 経済 | 保険 | 自転車
お問い合わせは
「英和コンサルティング株式会社/英和税理士法人」まで
無料相談受付中 相続のことならお任せ 03-3491-3811(代) 営業時間/9:00~17:30 定休日/土、日、祝日
メールフォームでのお問い合わせホームページはこちら
おすすめ記事
よく読まれている記事
PAGE TOP