感動相続

文字サイズ大中小

ニュース&トピックス

「ふるさと納税」特集に、英和税理士法人がコメント!

2015年1月19日

ふるさと納税が家計の一助にも!?

 寄付すると特産品がもらえると注目の”ふるさと納税”。週刊現代(1月31日号)の”ふるさと納税特集”の中で、英和税理士法人の社員税理士がコメントしています。
◆ 扶養家族の人数で寄付額が変わる! 

 ふるさと納税は、一定額以内の寄付で抑えると実質負担が2,000円で収まります。たとえば3万円寄付して1万円相当の特産品をもらって、実質負担2,000円なら家計を預かる主婦にとってはうれしい仕組みというワケに。
 実質負担2,000円となる寄付金の上限は、”年収が高額”で、”家族が少ない人(=独身)”ほど多くなる仕組みです。たとえば、専業主婦の妻と大学生、高校生の子を扶養するサラリーマンで、年収1,000万円だと7万9,000円、500万円なら1万7,000円が寄付金の上限です。(総務省計算)

◆ 税制改正で4月からは上限が2倍に!
 今年の税制改正大綱では、「ふるさと納税の上限枠を2倍に増やす」改正案が入っています。もっと寄付してもっと特産品がもらえるなら、利用者にとってはうれしいニュースといえましょう。
 とはいえ、特産品ばかりでなく、この制度を利用して自分の生まれ故郷や意味あるプロジェクトを抱える小さな市町村などを応援することも大切ですね。

◆ サラリ-マンには”確定申告不要制度”が創設
 さらに、ふるさとの納税しても確定申告が不要になる改正案も入っています。
 現行制度では、確定申告しないと実質2,000円の負担に抑えることができません。改正後は5自治体までのふるさと納税なら、寄付先の自治体に申請するだけで本人の住所地の納税額が減り、所得税の還付分も住民税が減額されることとなり、確定申告の手間はなくなります。
(毎年確定申告をされる方の場合は、従来通り確定申告が必要です。)
 記事は下記からごらんください。
   http://www.43navi.com/web/upfiles/download.php?n=000554

 

関連キーワード: ふるさと納税 | 確定申告 | 税制改正 | 家計
お問い合わせは
「英和コンサルティング株式会社/英和税理士法人」まで
無料相談受付中 相続のことならお任せ 03-3491-3811(代) 営業時間/9:00~17:30 定休日/土、日、祝日
メールフォームでのお問い合わせホームページはこちら
おすすめ記事
よく読まれている記事
PAGE TOP