感動相続

文字サイズ大中小

相続&贈与

確定申告は、”財産の健康診断の最大のチャンス!”

2012年2月29日

■ 確定申告シーズンには、”財産の人間ドックも!”
 確定申告シーズンまっただ中となり、申告をされる方にとっては”去年一年間の収入や経費を集計したり、医療費をチェックしたり”と、オカネの動きを確認する面倒な時期です。

所得2千万円超の方は確定申告で「財産債務の明細書」の提出義務もありますから、お持ちの財産内容もチェックし直す必要もあります。人間ドック同様、”財産の健康診断”も定期的にやっておきたいものです。
 財産も身体と同様、永年かけて築き上げる中では「生活習慣病にかかって、ポートフォリオに偏りやゆがみ」が生じていることがよく見受けられます。高血圧やコレステロール異常などが発見されれば、運動や投薬で改善するように、財産面でも各種相続対策、資産の見直し対策などを講じて健康な状態に戻しておくことが大切です。
 つぎのような視点で、毎年、定期的に財産の健康度をチェックして、家族の幸せを確実にしておきたいものです。
 ★ 相続税などが払えるか?納税資金や財産分与資金が足りず、困らないか?
 ★ 相続税節税の余地は?
 ★ 家族がもめる争族リスク度は?
 ★ 活用しづらい土地など、引き継ぐ子どもが困る資産はないか?

■ どうすれば財産の健康診断ができる?手軽な方法は?
 おまかせアレ!感動相続!の「かんたん相続診断」が、あなたの財産の健康状態を一瞬にしてわかりやすいデータと診断結果をお届けします。ラフにお持ちの財産や借入の概算と家族構成を入力するだけで、3つの視点で財産相続上の問題点を浮き彫りに。

 ● 財産の総合判定
  星の数で”財産の健康状態”をお知らせ
 します。診断シート下の”診断コメント”欄
 には、具体的に診断コメントを掲載。
 ● 納 税 力 度
  相続税の納税資金の準備ができているか
 どうかの判定をします。上記同様、診断コ
 メントを自動的に表示します。
 ● 争族リスク度
  将来の相続時に、家族がもめるリスク度
 合いを判定します。実際にはこれが最大の
 課題で、今からの準備が求められます。
 上記同様、診断コメントを自動表示します。

 こんな便利な優れものでも、何度使っても”費用なし!”。もちろん、感動相続!オリジナル開発「かんたん相続診断」の優れた点は、相続診断を謳う他システムと比較すると、違いは一目瞭然に!
 なお感動相続!会員なら、”前回入力の財産や家族データは保存”のため、やり直すときも手間いらずで簡単。(一般の方も自由に使っていただけますが、データは保存されませんので、毎回入力が必要に。)
 あなたも今すぐ「かんたん相続診断」で財産の健康チェックをどうぞ!下記をクリックしてください!
  http://www.43navi.com/souzoku_simu/ 

■ 財産の生活習慣病を治そう!
 もちろん、財産を元通りの健康体に治すためには専門家の治療を受けるのがベスト。でも、藪井竹庵先生(通称、やぶ医者)にみてもらう羽目にもなりかねないので、くれぐれもご注意ください。
 とりあえず、自分で簡単にできることもあり、体質改善のヒントをご紹介しましょう。まず、上手なダイエットは健康維持に有効です。財産もリプレースメント(質の置き換え)をするだけで、活用しやすくなって健康的に改善できます。
● 不動産をお持ちの方
 ・貸   地
   ”借り手に借地権がある土地”で、法的には、所有者は土地の所有権(底地権)だけが残され、利用権と
  して価値の大きな借地権は借り手に移っています。地代収入も固定資産税の2~3倍程度で、地価に比
  べると預金金利に毛が生えた程度の利回りで、メリットもわずか。いざ売却時も、買い手として浮かんでく
  るのも借り手位しかおらず、売値も高額は期待できない。
 ・遊 休 地
   何も使わず、放置してある土地。毎年の固定資産税もポケットマネーからの支払いで、必要経費にもなら
  ない、いってみればデッドストックのような土地。地価の高い安いの問題でなく、価値を生む財産へのリプ
  レースが必要な土地です。国家経済的見地でももったいないもの。

 ・空室だらけのアパート・マンションなど
  建物の老朽化と人口減少社会への突入で、最近増加傾向の空室
 だらけの賃貸アパート・マンション。
  空室を埋めるのにも四苦八苦です。家賃という付加価値どころか、
 巨大な産業廃棄物と化しはじめた財産に!建設資金のほぼ全額借
 入れのケースでは、借入金返済もできず、差し押さえにあった方も。
 ● 生命保険に加入中の方
 ・定期付き養老保険など
   「死亡保障も多額で安心!」と、勧められて昔入った定期付き養老保険。これには裏があり、65歳など一
  定年齢(つまり、これから保障が必要な時期)に達した途端、大きな保障がなくなり、死亡保障は定期保
  険の10の1程度になるという保険。ご存じですか、あなたの生命の保障は”わずかな養老保険部分で、
  多くの場合数百万円”程度ということを。
 ・新たに転換した生命保険
   生命保険会社からの勧めで、永年加入の終身保険をよいものと言われて新商品に乗り換え(転換)てし
  まった生命保険です。以前の終身保険は予定利回りが3~5%台など、今の保険の予定利回り(1%台)
  とは比較にならぬ有利な保険だったのです。つまり、あなたは”メリットの少ない保険に切り替えさせられ
  た”結果に。
 ● 株式や投資信託に投資中の方
  バブル崩壊やリーマンショック、EUの金融危機などで多額の含み損を抱えて寝かせたままの株式なども、
 価値を生みません。このところ出直ってきた日本株、今が売却して、他の資産形成手段への乗り換えのチ
 ャンスかも。
 ● ゴルフ会員権をお持ちの方
  バブル崩壊後もずっとパッとしないゴルフ会員権相場ですが、バブル時代の相場(時価)の10分の1、よく
 て5分の1程度はまだよい方です。つまり、多額の含み損が生じている状態に。多くの方は、プレーもしない
 のに、毎年会費を払いながら、会員権をそのままお持ちになっています。ちなみに、今ならゴルフ会員権売
 却損は他の所得と損益通算して節税できますが、国税庁は損益通算を認めない改正への動きをしていま
 す。どうしても使いたいもの以外は、整理して売却されてはいかが。

 永年かけて築いた財産といっても、野菜や果物同様、”賞味期限”があるのです。賞味期限に近づいたら「早めに他の資産形成手段への乗り換えが肝心」です。これからは、”円安・主要通貨高”に向かう時代!海外での資産形成に目を向けましょう。

お問い合わせは
「英和コンサルティング株式会社/英和税理士法人」まで
無料相談受付中 相続のことならお任せ 03-3491-3811(代) 営業時間/9:00~17:30 定休日/土、日、祝日
メールフォームでのお問い合わせホームページはこちら
おすすめ記事
よく読まれている記事
PAGE TOP