感動相続

文字サイズ大中小

充実ライフ!

東京が3年連続トップ!世界住みやすい都市ランキング

2017年10月4日

 英国グローバル情報誌「モノクル(MONOCLE)」の「2017年世界でもっとも住みやすい都市トップベスト25」によれば、東京が3年連続で世界一の座につきました。
 東京は2014年には第2位につけていましたが、3年前にトップにランクされて以来、世界一を守り続けています。東京は「巨大都市でありながらも、平和で静かな環境を実現!」が高い評価を受けての結果だったとか。この項は、NIKKEI TRENDY発表のモノクル調査データや他の公表資料を参考としています。

「住みやすい都市ランキング」でも、テロリスクなども考慮!

◆ 調査対象項目は60以上にも!
 住みやすい都市ランキングは、QOL(Quality of Life=生活の質)の調査に基づいて発表されています。
 調査対象のQOLには、60以上もの項目があるそうで、具体的には●犯罪統計、●医療制度、●教育費、●公共交通機関の利便性、●ビジネス環境、●建築住宅数、●文化活動への貢献、●10ユーロ以下で食べられる美味しいランチ、●行楽地へのアクセスといった項目などが含まれています。

◆ ランキング評価は訪日外国人数増にも影響が!?
 日本人にとっては、きれいな水と空気、安心・安全は当たり前ですが、これらに加えてクリーンなゴミも散らかっていない街並みと観光客に親切な対応(=和の心)も観光客に強い印象を与えているようです。その証拠に、永年、訪日観光客数アップに力を入れていた政府の努力とはそれほど関わりなく、日本自体が評価されて2012年までの低迷とは比較にならない増加を遂げています。(以下の出典は、日本政府観光局(JNTO))
● 2012年まで600~800万人台が継続!
 実は政府は14年前にビジット・ジャパン・キャンペーンを行い、日本への観光客誘致に力を入れていました。ところがそれはあまり効果が上がらず、2004年から2012年までの来日外人客数は600~800万人台をウロウロといった状況でした。
 潮目は2013年で1,036万人と、初めて1,000万人台を突破!円高是正と東南アジア諸国のビザ緩和措置などがあったそうですが、実際には、日本のおもてなし(=良さ)が際だっていたことがあげられそうです。
● 2016年訪日外人客数は2,400万人を突破!
 その後は弾みがつき、毎年20%以上も増加して、2016年には2.4倍の2,404万人に。今年も8月末までに1,892万人(前年比17.8%増)で、このペースでいくと2,800万人を大きく超えそうです。東京オリンピック前にも3,000万人突破の声が聞こえるかも。
 このまま、外国人ばかりでなく、他人に優しい良い国のままでいてほしいものですね。

東京オリンピックを前に、他にも世界一があった!!

 東京オリンピックまであと3年!東京が世界に誇れる点をピックアップしてみました。
◆ 世界の都市GDPでトップ!
● 日本の2割を占める東京都のGDP
 東京都のGDPは1兆ドル(約110兆円)で、GDP世界一の大都市です。ちなみに、米国ニューヨーク市のGDPは6,108億ドル(約67兆円)と、東京都のわずか6割程度なのです。といっても、東京都が大きいのであって、ニューヨークのGDP規模が小さいわけではありません。
 東京都GDP1兆ドルは、世界第15位のメキシコのGDP1兆460億ドルに匹敵します。また、世界第3位の日本のGDPは4兆9,386億ドルで、東京都だけで日本のGDPの20%強を占めている計算に。(出典:NAVER)
● メガシティ東京圏GDPは日本の3分の1を占める!
 東京圏のGDPは1兆6,167億ドル(約178兆円)と、世界第10位のカナダ(1兆5,292億ドル)を上回る規模です。日本のGDPに占める割合は、ちょうど3分の1の経済規模。
 米国ニューヨーク州(1兆4,346億ドル)にも1割程度の差を付けています。東京圏のGDP規模を下回る経済規模の国々は、第11位の韓国(1兆4,112億ドル)、第12位にロシア(1兆2,807億ドル)、続いてオーストラリア(1兆2,590億ドル)、スペイン(1兆2,326億ドル)などの大きな国が含まれています。
 こうしてみると、東京圏でも、東京都単体でみても、世界的には国レベルの経済規模に達していることがわかります。そればかりか、2017年度の東京都一般会計予算規模はなんと6兆9,540億円(これでも、前年度比でマイナス)と、一都市の予算としては巨額に上っています。

◆ 世界のメガシティでもトップ!
 国際連合(UN)の統計局調査によれば、世界のメガシティ(巨大都市圏)では”東京圏”が60年間にわたって世界一を維持しています。
 メガシティは人口1,000万人以上の都市を指しますが、世界で最初にメガシティになったのがニューヨーク州で、1955年に同州を抜いて”東京圏”がトップに立った以降は、”東京圏”が初の2,000万人超、3,000万人超を達成と、独壇場です。

お問い合わせは
「英和コンサルティング株式会社/英和税理士法人」まで
無料相談受付中 相続のことならお任せ 03-3491-3811(代) 営業時間/9:00~17:30 定休日/土、日、祝日
メールフォームでのお問い合わせホームページはこちら
おすすめ記事
よく読まれている記事
PAGE TOP