感動相続

文字サイズ大中小

充実ライフ!

高齢者の体力は向上!では若者は?

2013年10月23日

■ 高齢者の体力は向上傾向
◆ 70代は過去最高に!

 文部科学省が実施した「体力・運動能力調査」は、65-79歳の男女7万4千人を対象に、握力、上体起こし、開眼片足立ち、10m障害物歩行などをさせその能力を測定しました。これによれば、70代男女の得点は過去最高を記録し、高齢者の体力は確実に上向いています。 
 どの年代でも右肩上がりで点数が上がっており、70-74歳男性では12年前の65-69歳の体力と同レベルと、12年で5歳分若返ったことに…。
◆ 一方、若者の体力は!?
 子どもの体力や運動能力は1985年ごろのピーク時の水準には達していませんが、この15年間で穏やかな回復傾向にあります。
 一方で、仕事や家庭が忙しい30代男性や20-30代の女性は低下傾向にあります。
 
■ 70代の40%がスポーツクラブに加入

 体力テストの点数は、どの年齢層でも「スポーツクラブへ所属している」人がしていない人よりずっと高い結果がでており、日頃運動に対する関心の高い人たちには効果があらわれています。
 70代男女の実に4割はスポーツクラブに所属しており、どの年代よりも高い割合で、団塊の世代を含めて、高齢層はどの世代よりも健康維持に積極的な印象を受けます。余暇の時間を体力向上にも努めている様子がうかがえ、寝たきりよりも元気で長生きを実践する意識の高さも感じられます。
 
 若い世代も、運動不足で病気になる前に先輩方を見習って、食欲の秋でなく”スポーツの秋”を愉しみましょう!

 

関連キーワード: 老後生活 | 医療費 | 健康
お問い合わせは
「英和コンサルティング株式会社/英和税理士法人」まで
無料相談受付中 相続のことならお任せ 03-3491-3811(代) 営業時間/9:00~17:30 定休日/土、日、祝日
メールフォームでのお問い合わせホームページはこちら
おすすめ記事
よく読まれている記事
PAGE TOP